マシャド・ジョセフ(Machado-Joseph)病の病理解剖所見

(国立療養所犀潟病院神経病理学部門、巻淵隆夫博士、提供)

大脳の基底核(不随意運動)、小脳の小脳核(運動失調)、脳幹の橋(運動失調)、脳神経運動核(舌などの萎縮)、脊髄の脊髄小脳路(運動失調)、脊髄後索(感覚を脳に伝える)脊髄前角(四肢の筋肉の萎縮)が広範囲に萎縮します。

マシャド・ジョセフ病の脳
脳の写真
右側の脳を内側から見ています。大脳と小脳は外表からは正常ですが、橋、延髄など脳幹全体が萎縮しています。
次の中から選んで下さい。

  • Aの線のレベルで大脳を切った割面を見る。

  • Bの線のレベルで脳幹を切った中脳と橋の割面を見る。

  • 脊髄の顕微鏡像を見る。

    病気の説明へ



    脊髄小脳変性症の目次に戻る。

    神経難病の目次(ホームページ)に戻る。